プラントを相手に働こう!プラント求人とは


そもそもプラントってなんだろう?

プラントという言葉は、生産設備一式・大型機械などという定義になっています。

少しイメージしにくいため、ごみ焼却プラントを例に挙げると、ゴミを焼却炉に投入するクレーンや、焼却炉の中に空気を送り込む送風機、ゴミを燃やす焼却炉、熱エネルギーを回収する廃熱ボイラ、焼却の際に発生する有害ガスを無害化するフィルターなどの一式をプラントと言います。

まとめると、プラントとは色々な機器や装置がいくつも組み合わさって、ある一つの大きな性能を発揮する機会の設備と言えます。

プラント求人の種類について

プラント求人の種類については多種多様です。一例を挙げると、「製造プラントでの施工管理」などがあり、この業務は製造プラント構内での大小様々な電気・計装・空調等の施設内設備工事の工事管理業務になります。他には、「原子力発電所での施工管理」があり、この業務は原子力発電所内の計装工事の施工管理業務になります。なお、「石油プラント建設工事における施工管理」などもあります。

プラントエンジニアになるには

プラントエンジニアになるには、働き先により求められる知識が異なるため、その分野に関する大学理工学部以上の知識が必要となります。実際にプラントエンジニアとして働いている人は、修士以上の学位を取得しているのが現状です。特に、プラントエンジニアになるための資格はありませんが、建築関係であれば建築CAD検定、海外業務であればTOEICのスコアなどが重宝されます。

プラントエンジニアの求人傾向

プラントエンジニアには基本的に正社員の求人が多いです。また、外資系メーカーや電機メーカーへの転職では重宝されることもあります。

プラントの求人に応募するならば、経験があれば大変有利です。年齢が高くても経験者は優遇して採用がされます。