タクシードライバーはどんな仕事をするのか


メインの仕事はお客さんを運ぶこと

タクシードライバーの仕事の中で最も重要なのがお客さんを目的地まで安全に、そしてスムーズに運ぶことでしょう。これでお客さんからお金をいただいて、仕事として成り立ちます。お客さんがいなかったらタクシーそのものが必要ないものとなり、タクシー運転手はもちろん不要になってしまいます。さて、タクシードライバーとしてはまずはお客さんを運ぶのが大きな仕事になりますが、タクシードライバーのプロになりたいなら、単に安全にお客さんを目的地まで運ぶだけではありません。それに加えて、居心地の良い空間をお客さんのために作ってあげることが大切です。安全運転はもちろんですが、ちょっとした気遣い、声がけ等を徹底して行うことでタクシーの中はお客さんにとってとても居心地の良い空間になります。

運転する以外にも仕事はあります

基本的にはタクシードライバーはお客さんを目的地に運ぶのがメインの仕事になりますが、それ以外にもとても大切な仕事が残っています。タクシー会社に帰ってからは、自分が売り上げた情報について事務的作業を行っていきます。これは毎日繰り返して行っていきます。さらに一日頑張ってくれたタクシーを綺麗に洗車します。次の日も気持ちよく仕事ができるようにピカピカに磨き上げましょう。タクシーに乗車されたお客さんを運ぶことは当然大切ですが、自分が運転したタクシーを洗車すること、事務的作業を行うこと等、とても重要な仕事もあります。これらを総合するとタクシードライバーが行うべき仕事となります。

タクシードライバーをはじめ、ドライバーの求人を探すなら、多くの情報が集まっているインターネットの求人情報サイトが便利です。