どんな仕事?トラックの種類によって異なるトラックドライバーの仕事とは


人気が高く初心者向けな小型トラック

基本的にトラックドライバーは、どのトラックの種類でも積載物を配送するのが仕事になります。そんなトラックドライバーの仕事の中でも特に初心者向けなのが小型トラックであり、普通自動車免許で運転できるのが特徴です。トラックドライバーといえば長距離運転手のイメージが強いかもしれませんが、この小型トラックは比較的近隣への配送を任されることが多く、トラックドライバーとしての最初の一歩にうってつけです。女性ドライバーも珍しくなく、多くの人が活躍できる仕事なのです。

長距離運転も辞さない中型と大型トラック

それぞれ中型免許、大型免許が必要になりますが、より中長距離の運転を任されるようになるのが中型・大型トラックドライバーです。それぞれトラックのサイズが大きくなるほど給与も良くなる傾向にあり、大型トラックドライバーにもなると小型、中型の倍近く稼げることもあります。また、中型トラックは荷物の積み下ろしを行うこともあります。手動で積み下ろし作業をすることも珍しくありませんが、積載物の重量次第ではフォークリフトで作業を行います。一方で大型トラックドライバーはほぼ長距離運転専門なので、一人で運転するのが好きな方にも向いています。

大型トラックドライバーの場合、タンクローリーやキャリアカーの運転も選択肢の一つとして視野に入ってきます。選択肢が多くなるほど働き口も増えていくので、トラックドライバーとしてより上を目指したい方は大型免許を取得して損はありません。

トラックドライバーの求人に応募する時は求人情報を確かめ、職場に貢献するようにアピールしスキルアップをすると効果的です。