どの職種を選ぶべき?自分の適性を知って工場で働こう!


体力が必要かどうかで変わる仕事選び

医療関係の仕事にも、医療事務や看護師など様々な職種が存在しますが、それは工場の仕事でも同じです。ですので、工場の求人を選ぶ場合、軽作業や運送など、どの職種が自分に合っているかを見極めると、未経験でもスムーズに仕事を始めることができます。例えばものづくりに直接関わりたい方や、細かい作業が得意な方には、加工や組み立てなどを行う製造の仕事をお勧めします。携わったものが実際に形作られていく様は、仕事としてもやりがいを感じられるでしょう。

また、ライン作業で、比較的未経験の方でも始めやすい職種であり、集中力が必要ですが、体への負担も少ないので女性にも向いています。同じく集中力が求められる仕事としては、仕分けや梱包などの仕事がありますが、こちらは立ち仕事で移動することもありますので、体力に自信がある方に向いている仕事です。

自分が得意なものは何かを知る

そして、工場の仕事には作る作業の他にも、ものを運ぶという仕事があります。代表的なのはフォークリフトで、仕事内容は工場内の荷物を運び、移動させる業務になります。運ぶ荷物の種類は工場によって多種多様で、フォークリフトの講習を受けることや免許が必要な場合もあります。他には、荷物をトラックで運ぶドライバーや、機械を使いこなす機械オペレーションなどがあり、ドライバーは運送先の相手とのやり取りが必要な場合もありますので、コミュニケーション能力があると良いです。機械オペレーションは、機械を操作しつつ、製品の微調整が求められることもありますので、継続するとスキルアップも望めます。このように、運転が好き、人と関わるのが好き、などの自分の特性や適性を知った上で工場を選ぶと良いでしょう。

イカイアウトソーシングの求人情報なら