長く働ける介護現場を見極めるために必要なことは?


採用後の研修が充実しているところを選ぼう

介護業界で就職を希望するにあたり、同じ職場で長く働くために、なるべく採用後の研修が充実しているところを探すことがおすすめです。例えば、マンツーマンで指導経験が豊富な先輩にフォローをしてもらえるところや、研修期間が長めに設定されているところは、介護業務の経験が無い人でも無理なく働くことが可能です。最近では、介護職員のキャリアアップのために、新人研修だけでなく、実務経験者や管理職を対象とした研修にも力を入れている事業所が少なくありません。そこで、日ごろから自信を持って介護業務に取り組みたい場合には、採用面接に申し込みをする前に、各地の現場の見学をさせてもらい、働きやすい環境が整っているかどうか見極めましょう。

各地の介護現場の有資格者の数をチェックしよう

介護現場で仕事を通じてスキルアップを目指すうえで、介護福祉士やケアマネジャーなどの資格の取得が必要となることがあります。そのため、現場内で周りのスタッフに頼りにされたり、管理職を目指したりしたい場合には、有資格者の数が多い現場を勤務先の候補に選ぶと良いでしょう。例えば、社会福祉法人や大手企業が運営する老人ホームやデイサービス事業所などでは、有資格者が新人研修を担当しているところや、終業後に資格取得に向けたミーティングや勉強会を実施しているところも少なくありません。そのため、効率的に目標とする資格試験に合格をするうえで、興味のある介護現場のホームページや求職者向けのパンフレットなどをチェックして、働きがいのある職場を探してみましょう。

アルバイトや正社員として介護の仕事をしたい、そう考えている人が介護の求人を東京で探す大きなメリットは、働く場所の多さと時給の高さがあげられます。