工場で働いてみよう!工場で働くことの魅力は?


自分の手で物を世に送る楽しさ

工場と言っても物を大量製造するケースや一つの物を時間をかけて製造するケースに分かれます。仕事の内容は大きく変わりますが、物を製造して世に送るという点は変わりません。もちろん注文を受けて製造している訳なので、常に世の中の役に立っているという気持ちで働けます。日用品など普段使う物を製造している場合は、店頭に並んでいる様子を見ると自分が作ったのだと誇らしい気持ちになります。常に間違いのない物を作らないとクレームに繋がるというプレッシャーはありますが、良い物を納品できた時の喜びは大きいです。

常に成長を目指せる環境がある

工場の仕事で誤解を招きやすいのが、毎日同じ作業の繰り返しで単調というイメージです。確かにライン作業における検品や梱包などはどうしても同じ作業になってしまいますが、作る物は少しずつ良くしていかないといけません。例えばハンガーを作るとしても、常に同じ物を作りつつ改良を重ねる必要があります。ハンガーの角度や幅など色々なことを考えてユーザーの満足度を上げないと、次第に売れなくなります。現状に満足せず仕事に取り組むことになるので、技術はもちろん人としても成長できます。

自分の仕事がすぐ結果として現れる

工場での仕事は、機械の設定に何らかのミスがあれば正しい製品が出来上がりません。何かが間違っているので、そのまま間違った物が出来るのです。おかしい部分を修正すれば問題は解決できます。ただ、営業など人間を相手にした仕事は機械のように単純ではないので、正解が分からず迷うことがあります。

尾張や三河では全産業のうち食品事業が占める割合が約三割です。そのため愛知の工場の求人はフード関連が目につきやすいです。